ブログカテゴリ:アペリティフin岐阜



「アペリティフ in 岐阜 2018」の開催が近づいてまいりました。 お料理の数など、本格的な準備にはいっております。 今から、チケットの購入というのは、お振込みなどのお手間がいるので、 当日にチケット引き渡しのエントリーをうけつけます。 エントリーの方は、下記よりお申込みください。 スムーズに対応できますように、お釣りのおねがいします。...
前売り券の売れ行きで当日ご用意するお料理の数をきめますので、アペリティフにご参加を予定の方は事前にチケットの購入をおねがいします。 お料理、デサートとも手の込んだ商品ばかりです。お客様のご要望にできるかぎりお応えしたいと思っておりますので、特にアペリティフのみにご参加いただく方はチケットの事前購入にご協力をおねがいします。...
アルザスフェスタは、フォアグラのソテーを目の前で行われたり・・・香りがもうたまらん! シュークルートというアルザス伝統のお料理、クグロフもご用意します。 バリエーションが豊富なアルザスワインをご用意します。3種類飲み比べができるセットもあり! 気分はアルザス地方へ。そのまま、ソアレコンサートが始まります♪...
12時に「フレンチ・ランチ」をたのしむ。 どれにしようかな? あれもいいなー♪ これにしようかな・・。 ワインも飲んで、この楽しさのまま、コンサートへ。
©Mark Bouhiro
彼の魅力は、なんといっても、溢れるメロディ感覚。 1983 年生まれ、フランス・モンペリエ出身のパノシアン。 フランスというと、ちょっと難解な複雑耽美的なピアノも多かったりするが、レミのピアノはシンプルにして、POP。...
“フォルテピアノ”とは、およそ18世紀から19世紀前半に普及していたピアノで、現在のピアノ(モダンピアノ)の原型に当たるもの。 1800年前後といえば、モーツァルトやベートーヴェンといった今日でも知られる偉大な作曲家がたくさん活躍していた時代、 つまり当時の作曲家が実際に使っていたはずのピアノだ。...
チェリーとチョコレートの大人のデザート。 大人なので、ワインと・・チェリーの香りのするロゼやミディアムボディの赤がいいですね。大人の雰囲気で☆
「コンフィ」とは、脂のなかで低温調理したフレンチの料理法。この料理法は、うまみを閉じ込めるのでとてもしっとりと仕上がります。しっとりとしたチキンの表面をカリッとしあげるので、カリの部分としっとりのハーモニーがたまりません。...
1日、音楽と食を楽しめる時間を構成いたしました。 どのようにたのしむのか、タイムスケージュールをつくってみました。 2018年6月10日 会場 OKBふれあい会館です。 ここへ集合してください!この日は晴れていると想定してますが!! 12時に、スタートします。 12時から14時は、「フランス料理」を楽しむ時間♪...